元UHB染井明希子 気象予報士がかわいい!結婚や離婚の噂は?

スポンサーリンク
気象予報士

北海道文化放送のアナウンサーで、フリーアナ時代を経て気象予報士になったウェザーマップ所属の気象予報士です。

大学進学実績トップクラスの名門中高一貫校を卒業し、慶應義塾大学法学部に進学しているエリート!さらに大学在学中はモデル事務所に所属し、タレント活動をしていました。

アナウンサーを務める中で気象予報士を目指しますが一度は挫折。

しかし諦めかけていた中で、何人ものカリスマ気象予報士と出会ったことがきっかけとなり、気象予報士試験に合格します。

好きな天気は、春の陽気が急に気温が低くなる「花冷え」あたたかいお汁粉や、熱燗をクイッと飲みながら夜桜見物をするシーンが思い浮かぶそうです♪

それでは今回は元北海道文化放送のアナウンサー、染井明希子さんを紹介します!

スポンサーリンク

染井明希子(そめい あきこ)さんのプロフィール

 

・生年月日 1989年5月17日

・年齢   28歳

・出身地  東京都

・血液型  O型

・最終学歴 慶應義塾大学

・身長   162cm

・体重   非公開

・所属   北海道文化放送(UHB)→ホリプロアナウンス室→ウェザーマップ

・ジャンル アナウンサー・気象予報士

・出演中

・TBSラジオ

◊生島ヒロシのおはよう定食(水曜日担当、2017年8月30日 – )
◊生島ヒロシのおはよう一直線(水曜日担当、2017年8月30日 – )
◊森本毅郎・スタンバイ!(水曜日担当、2017年8月30日 – )
◊伊集院光とらじおと(水曜日担当、2017年8月30日 – )
◊ジェーン・スー 生活は踊る(木曜日担当、2017年9月7日 – )
◊たまむすび(木曜日担当、2017年9月7日 – )
◊荒川強啓 デイ・キャッチ!(木曜日担当、2017年9月7日 – )

元北海道文化放送アナ・染井明希子さんの経歴

 

染井明希子さんは東京都出身で、中高一貫の桜蔭中学校・高等学校を卒業。大学は慶應義塾大学法学部法律学科に入学。有名大学の法学部に進学しているころから、とても勉強が出来た女の子だということがわかります。

大学在学中からタレント経験もあり、2008年3月~2010年12月までモデル事務所「SPLASH」に所属しバラエティ番組などにも出演。「佐倉明希子」名義で活動していました。

大学卒業後まずはアナウンサーを志し、2012年4月に北海道文化放送へアナウンサーとして入社します。

北海道文化放送時代の出演番組は、フジテレビ系列の大型ローカルワイド番組『U型テレビ』・バラエティ番組『タカトシ牧場』・『フルーツアプリ女学園』など。ニュースキャスターから、バラエティのリポーターなど幅広く活躍していました。

その後、2015年3月31日付で北海道文化放送を退社し、 4月1日~11月30日までホリプロアナウンス室に所属。フリーアナウンサーとして活動します。

フリーアナウンサーを務める中、一度は諦めかけていた資格の勉強に再び本気で取り組み、2016年3月に気象予報士試験に合格。再度奮起した理由は、北海道で何人ものカリスマ気象予報士に出会ったことが良いきっかけとなったそうです。

合格した2016年からウェザーマップに所属し、現在気象予報士として活躍中です。

染井明希子さんの取得資格やプチプロフィール

 

染井明希子さんの持つ資格はとても多く、珠算検定初段、暗算検定1級、漢字能力検定準1級、日本語検定1級、eco検定、普通自動車免許、気象予報士資格、防災士資格などを取得しています。

気象予報士の方は、災害対策に関する防災士の資格を一緒に取得している人が多いですよね。

家族構成は父・母・弟の4人家族。

趣味は卓球、カーリング、読書。主にインドア系の趣味が好きらしいです(^^)

染井明希子さんは運動が苦手なのか、大人になっても自転車に乗れませんでした。しかし北海道文化放送アナウンサー時代の番組企画で乗れるようになり、その後65kmのファンライドを完走するほどに上達しています♪

染井明希子さんの結婚や離婚の噂は??

 

染井明希子さんは2014年に結婚し現在既婚者。夫である旦那さんは学生時代からの知り合いで、北海道文化放送を退社してホリプロのアナウンス室に移動したのも、一緒に暮らすためだったそうです。

逆に離婚の噂は写真週刊誌「フライデー」にて不倫を報じられたためでした。

真相はわかりませんが、中の良い関係で夫婦円満であることを願っています(^_^;)

現在はTBSラジオ・放送局番組サポートの面を担っている染井明希子さん。

これからも陰ながら応援していきたいと思います。頑張ってください!