キレイな女子アナは博士!読売TV脇浜紀子アナは独身?結婚は?

本日の女子アナ、以前ご紹介した植村なおみアナウンサーと同い年のベテランアナウンサーですが、異色な女子アナで、元々、女子アナ希望ではなく、一般職として入社試験を受けたらしいのですが!一般職の最終面接まで行ったときに“カメラテスト”を受ける様に言われてそのままアナウンサーとして採用されてしまった!と言う変わり種の女子アナです!

これって、今の時代だったら問題になる採用方法かも知れませんね!本人が納得して雇用契約を結べばいいわけですが・・・。異色な事は入社したときにとどまらず、むしろ入社後の方が異色かも知れません・・。

入社してから、社費留学してカリフォルニア大学に行き博士号を取得。帰国してからは、仕事をしながら、大阪大学大学院に通い博士号を取得・・・・。2017年4月からは京都産業大学の専任教授に就任もしました。女子アナと言うよりも、”博士アナ”と言った方が良いかもしれません。どのような女子アナなのか!?ご覧下さい!

今回は読売テレビ放送(株)ytvの脇浜紀子アナウンサー兼プロデューサーを紹介します。

スポンサーリンク

脇浜紀子(わきはま のりこ)さんプロフィール

・生年月日 1966年12月17日

・年齢   30歳

・出身地  兵庫県神戸市

・血液型  A型

・出身高校 兵庫県立兵庫高等学校

・最終学歴

神戸大学法学部

カリフォルニア大学

大阪大学国際公共政策研究科

・身長   非公開

・体重   非公開

・所属

読売テレビ放送(株)ytv

コンテンツビジネスセンター

コンテンツ事業部

京都産業大学現代社会学部

・ジャンル

情報バラエティー番組

現在プロデューサーとして活躍

脇浜紀子さんってどんな女性なの!?

脇浜紀子さんは、高校時代は野球部のマネージャーを務めていました。野球は好きだと思われます。大学は神戸大学法学部を卒業した理知的な才女です。

1990年4月読売テレビ放送(株)に新卒で入社していますが、アナウンサー試験ではなく、一般職で試験を受けています。ところが、最終面接まで通過したにも係わらず、カメラテストを受けるように言われ合格すると、そのままアナウンサーとしての採用枠になったそうです。

入社してからは、往年の朝番組、番組『ズームイン!!朝!』に出演し、プロ野球イレコミ情報では、阪神タイガースを応援する関西地区のキャスターとして全国放送をされており、人気を不動のものとしました。

また、阪神、淡路大震災で自宅を被災し、電話でレポートをして出演もしていました。

1999年には、社費留学でアメリカはカリフォルニア大学に行き、コミュニケーションマネジメント修士号を取得して2000年に帰国しています。

2001年12月には、著書『テレビ局がつぶれる日』を出版しています。

2002年10月からは、読売テレビに在籍しながら大阪大学大学院国際公共政策研究科後期博士課程に入学しています。2010年9月に民間放送のあり方を研究対象とした博士論文『An Economic Analysis of Local Commercial Broadcasting』を大阪大学に提出し、博士(国際公共政策)の学位を取得。

読売テレビ現職アナウンサー初となる博士号を取得しました。もはや、博士アナと言われる由縁は、現場(職場)を持ちながら、研究してきた成果で有り2017年4月からは、京都産業大学の教授にも就任しました。

脇浜紀子さんは独身!?結婚はしているの!?

脇浜紀子さんは、ある番組で共演したやしきたかじんさんにこんな言葉を吐いています・・・・。博士号をとっても、給料は変わらない。未だに平社員のままです!でも、私は自分の目標に向かって突っ走ります!『女性解説委員』を目指したい!と言う壮大な目標を心に秘めています。

また、夫婦別姓を推奨しており、『前の夫の時から夫婦別姓であった!』という事を告白しています。と言う事は、離婚経験のあるバツ1であり、現在も再婚をして旦那さんもいるようですが、お子さんの事について詳細はわかりませんでしたが、脇浜紀子さんは、集中力が高い女性であり勉強と研究が大好きな女性である事がわかりました。

きっと、これから50歳過ぎてから開花する女性だと感じます!現在は番組プロデューサーも兼務して、視聴者の目線で番組を作る敏腕女子として活躍しているようです。これから、読売テレビを筆頭に、世のメディアや、マスメディアが大きく変わっていく事でしょう!

脇浜紀子さんの様な前向きな女性が多々出てくることを期待しています!脇浜紀子博士!頑張ってください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク