佐藤 里佳アナ部長!旦那は商社で子供は慶応?

スポンサーリンク
フジテレビ
出典: フジテレビ

いよいよフジテレビのアナウンス部を誇るセクシーな部長職の女子アナをご紹介します!

私自身は、彼女を昔からテレビでよく見ていたこともあり、懐かしい持代を思い出しました。現在の40歳以上の視聴者の方ならば同じ思いをされる方が多いはずです。

平成バブルを味わい、部下育成、会社の業績向上に悩む上級管理職クラス!今回の女子アナも既に50代、仕事に熱中し、周囲の同期アナが皆フリーになって行くのを眺めながらも、組織に残り若手を育成しながら、自社の視聴率、人気度を上げようと必死に戦略を練っているようです。

社内幹部会議で『爆弾発言をして話題になりました!』それではご覧下さい。

今回は(株)フジテレビジョンの佐藤里佳アナウンサー(部長職)をご紹介致します。

スポンサーリンク

佐藤里佳(さとう りか)さんプロフィール

出典: フジテレビ

・生年月日 1967年1月14日

・年齢   51歳

・出身地  神奈川県

・血液型  A型

・出身高校 鹿児島県立甲南高等学校

・最終学歴 フェリス女学院大学文学部英文学科

・身長   161㎝(推定)

・体重   非公開

・所属   (株)フジテレビジョンアナウンス室 部長

・ジャンル 報道番組・情報番組

佐藤里佳さんってどんな女性なの!?

 

往年の佐藤里佳アナを知るファンにはの事実ですが、若い頃から、胸元を強調した衣服で取材などにも挑戦していたアナウンサーでした。

フェリス女学院大学に在学中、現在の国土交通省の海の記念日の開始キャンペーンガールに応募して、ミス・マルレイナコンテストで優勝し、海の啓蒙のために全国を巡ったり、テレビに出演ていました。

その後、1989年4月に(株)フジテレビジョンに入社を果たしますが!実は、本人曰く第1志望は日テレだったそうです。(※日テレは最初に受けたが不採用だった)

入社後は、報道やニュース番組を長年MCを担当しました。『※FNNニュース・FNNニュース最終版・FNNスピーク』報道・情報・バラエティー・ラジオなど!どの分野でも無難に仕事を熟し、際だった不祥事や、事故なども起こさない女子アナとして安定性のある女子アナとしてフジテレビ内で地位を固めていった!と言う素晴らしい経緯があります。

そして、入社7年目の1996年10月に5歳年上の商社勤務する一般男性と結婚をしました。

佐藤里佳さん!幹部会議で『爆弾発言』って!どう言う事?

少し前のフジテレビは!河野景子さん・八木亜希子さん・有賀さつきさん等の「花の三人娘」、近年はアヤパン(高島彩さん)、カトパン(加藤綾子さん)と、女子アナブームを牽引してきたフジテレビには、時代ごとにエースがいました。

ところが!“女子アナ王国”を築いてきたフジテレビが今、“人材難”に陥っているという事です!オリコンが行う人気アナ(好きなアナウンサー部門)の中に、フジテレビのアナウンサーが消えていったそうです。里佳さんは危機感と感じ、新しいエースを番組に送り込んで視聴率を上げていく戦略を考察していました。

里佳さんは、アナウンス部長職として定例のフジテレビの幹部会で、アナウンサーの採用について「毎年現場で推薦した学生が役員の好みでひっくり返る」!と爆弾発言をし、「不透明な採用」に対して「不適切な採用」と苦言を呈すなど、その姿勢が話題になりました。

佐藤里佳さんって高齢出産だったのは本当?入学した小学校は慶応!

結婚して14年、43歳の初産で出産を果たした里佳さん!喜びはだった事でしょうね!

待望の第1子はご長女です!

旦那様は、三菱商事に務めるエリート商社マン。

結婚して14年間子宝だけには恵まれなかった里佳さんでしたが!待望の第1子が2010年9月にご出産されました。

里佳さんにとっても嬉しい!女の子だったと言う事で、ご夫婦揃って可愛くて仕方がないようです!里佳さんにとっては初産であり、43歳と言う高齢だった為に周囲からの心配等が色々あったそうですが、

無事出産され良かったですね!

本人曰く、この子は世に産まれたがっている!この子を産ませてあげたい!私の全てをこの子に捧げる!と言う気持ちで日々お腹に向かって会話し続けてきたと言います。

そのお子さんも、現在では小学生です!2017年に入学されたそうですが、当時、女子倍率15倍!と言う事で調べました・・・神奈川県内で言うと!湘南白百合学園小学校か?慶應義塾横浜初等部?の2つではないか?と推測されます・・・。

旦那様が、慶応大学出身者!と言う噂もあるため娘さんも慶応!と言うルートが濃厚です。娘さんも、部下も女子!と言う事で女子力を上げて!主婦業と、管理職業にも力がはいる!佐藤里佳さんです!これからのフジテレビの女子アナの采配を楽しみにしていましょう!