夫は亀井希生アナ!MBS古川圭子アナの出身大学や子供の噂など

スポンサーリンク
女子アナ
https://www.mbs.jp/analog/furukawa/

大阪府豊中市出身。実家は元々大阪国際空港の近くにあったそうです!本来女子アナになりたくてなった訳ではなく本来の志望は、CA(キャビンアテンダント)。昔は、“スチュワーデス”(stewardess)と一般的に呼ばれていた時代でした。国内の3大航空会社を受験し、最終的にはJALに採用され大学卒業後の最初の勤務は念願の日本航空でした。

どんな女子アナなのか?気になりますよね!年齢的にはもう50歳を過ぎました!CAから女子アナ!華麗なる転職!で名誉も地位もそして!幸せも掴んだ女子アナ!羨ましい限りですが、それなりに苦労もあった事でしょう!我々凡人には理解出来ない苦労もあった事は想像出来ます。

でも、彼女は現在も輝いています!若い頃の輝きと、ハイクラスになった現在の輝きを見比べて下さい!

今回は(株)毎日放送MBSの古川圭子アナウンサーを紹介します。

スポンサーリンク

古川圭子(ふるかわ けいこ)さんプロフィール

・生年月日 1967年1月30日

・年齢   51歳

・出身地  大阪府豊中市

・血液型  O型

・出身高校 大阪府立豊中高等学校

・最終学歴 神戸女学院大学文学部英文学科

・身長   167㎝(推定)

・体重   非公開

・所属   (株)毎日放送MBS アナウンス副部長

・ジャンル 情報番組・バラエティー番組

古川圭子さんってどんな女の子なの!?

 

古川圭子さんは、実家が大阪国際空港の近くだったので学生時代からCAになる志望をしていました。学生時代に女子アナになる為の養成所は行っていないようです。CAになる為に神戸女学院大学文学部英文科に入学し英語が堪能になりました。

圭子さんは、大学在学中には、大阪・今宮戎神社の「福娘コンテスト」にて、50人の代表の中から「ミス福娘」に選出されています。

昔の写真をみるとものすごい可愛いです!高校から大学に至るまで男性からモテたのではないかと予想します。

大学卒業後、念願のCAとなりJALの伊丹空港で1年半勤務をしていましたが、考えるところがあって退社。退社後は1990年大阪で開催された『国際緑と花の博覧会』で協会通訳コンパニオンを務めていました。

1993年縁があって(株)毎日放送MBSに中途入社しました。英語力を活かしたインタビューや取材などで中途入社を感じさせない活躍をしてきた圭子さんは、美しい容姿と、努力でテレビやラジオで活躍をしていました。

入社4年後1997年同僚アナウンサーで2年先輩にあたる亀井希生(かめい まれお)さんと結婚をしました。亀井さんは先輩アナになるわけですが、古川圭子さんの方が1歳年上になります。現在は1男1女のお子さんに恵まれ、幸せな家庭を築いていらっしゃいます。

また圭子さん自身は現在アナウンス部副部長として管理職にもなっており、旦那さんよりも偉くなってしまいました!姉さん女房ですし、この方が夫婦うまくいくかも知れませんね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました