ボルダリング女子 野中生萌の筋肉が凄い!彼氏やタトゥーの噂は?

スポンサーリンク
ボルダリング

ボルタリングをしている女性って、女性として、輝くオーラがあります。何が違うのか!?体を鍛え、筋肉を鍛えています。筋肉を鍛えながら、筋肉に柔軟性を持たせ、筋肉が伝導する稼働領域を広げられる柔らかさを持ち合わせています。

張りがあり、柔軟性のある女性の筋肉ほど!美しいものはない!と言うのが感想です。しかも、今回ご紹介するボルタリング女子は!なんと言っても若い!

フリークライマーとして、世界のトップクラスの選手へと上り詰めて来ています。応援せずにはいられない!!ボルタリング女子!若い彼女へのエールをお願い致します。

今回は筋肉が美しい!フリークライマーの野中生萌さんをご紹介致します

スポンサーリンク

野中生萌(のなか みほう)さんプロフィール

出典:公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

・生年月日  1997年5月21日

・年齢    21歳

・出身地   東京都豊島区

・血液型   B型

・最終学歴  学校法人 日出学園

・身長    162㎝(推定)

・体重    非公開

・所属    Team au

・スポンサー レッドブルジャパン(株)

野中生萌さんって!どんな女の子なの!?クライマーになったきっかけって?

生萌さんが、クライマーになったきっかけ!

それは、幼い9才の頃、山登りが趣味だったお父様が、山登りの為の訓練とした通っていたクライミングジムに一緒に通っていたのが始まりだそうです!

最初は嫌々やっていたそうです。3人姉妹で育った生萌さんは一番下の末っ子。お姉さんに応援されてクライミングジムで始め、通い始める内にジャングルジムで遊ぶ感覚で楽しめるようになり、夢中になっていったそうです。

そこで!初めて挑戦したジュニア大会にお父様が応募され、嫌々ながらも出場する事になりました。こんなクライミングで何故?競い合うの?・・・。理由すらわからなかった!と言います。

しかし、どうせやるなら!誰にも負けたくない!と言う意識が芽生え、初挑戦ながら!優勝してしまったそうです。挑戦している最中は、競い合う!と言う理由より、次々落下して資格になっている同競技者を見て、絶対落下したくない!と言う気持ちでがむしゃらに登ったそうです。

終わった瞬間、『登り切った!』という満足感が気持ちよかった!と言っています。「勝利」をつかみ取るという快感を知り、その後、競技の世界に自然に入っていきました。

2年後にはジュニアオリンピックで2位になり、2010年には優勝。ロープを使わず高さではなく完登した回数を競うボルダリングに転向し、16歳にしてボルダリング・ワールドカップに初参戦、最終戦のフランス・ラヴァル大会では2位に。2017年11月広州で開催された国際大会チャイナオープンでは優勝も果たしました。

現在は、2020年の東京オリンピックから追加種目となるスポーツクライミング競技での頂点を目指して日々トレーニングを積んでいると言います。現在、オリンピック強化選手として日の丸をつけるユニフォームも支給され、日々訓練に余念がありません!

野中生萌さんの筋肉の美しさと可愛さを知って欲しい!

色々なクライミングパターンを経験し、目標通り出来なかった場合、どの筋肉が使われていなかったのか?どうやって鍛えるか?等を日々考えて練習と柔軟体操に取り入れているそうです。

本人曰く、どこのルートを定め、決めるのは全て自分自身。どうしたら成功するか、失敗したらどうリカバリーするか、クライミングをやるとそんな強い“決断力”が身に付きます!と言っています。顔つきと良い、容姿といい、無駄なくシャープな様相になっているのはそんな日頃の考え方や努力が実を結んでいる!と思います。

左広背筋につけているREDBULLのタトゥーも話題になっていますがシールだそうです。

野中生萌さんの熱愛って?彼氏がイケメンだ!と言う噂があるけど!

若くて!可愛い!美人な生萌さんですが、現代っ娘らしい自然な私生活をBlogなどで公表しています。彼氏との写真を正々堂々と掲載しており、一緒に海外旅行も頻繁にいっているそうです。

お名前はわかりませんが、同じ趣味を持っている彼氏だと言う事です!まだ若い生萌さんですから!彼氏がいることで気持ちが支えられていることは間違いないと思います。

既に申し上げた通り、2020年のオリンピックでは公式種目となることが決定している強化選手です。彼氏に支えられながら!日本に金メダルが1個増える存在になって頂きたいと思います!応援していきますね!