ボルダリング女子 野口啓代が可愛い!実家や結婚の噂は?

スポンサーリンク
ボルダリング

皆さん!”ボルタリング”って言われて、即、ああ!あれか!?と、わかる方どれくらいいらっしゃいますか!?

似た言葉で言うと、クライミング!この言葉を言うとわかりますよね!

ボルタリングは聞き慣れない言葉かも知れませんが、この、クライミングする事を意味します。

今回はこのボルダリングを含めて、目の前にある壁と言う壁を制覇して上り詰める女性プロクライマーをご紹介します。鍛えられた身体!柔軟性のある身体を皆さんにご紹介したいと重います。体も凄いですが!顔も可愛いので期待して下さい。

それではご紹介していきましょう。今回は”美人”フリークライマーの野口啓代さんです!

スポンサーリンク

野口啓代(のぐち あきよ)さんプロフィール

出典: http://akiyonoguchi.com/

・生年月日  1989年5月30日

・年齢    29歳

・出身地   茨城県龍ケ崎市

・血液型   B型

・出身高校  東洋大学付属牛久高等学校

・最終学歴  東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科中退

・身長    165㎝(推定)

・体重    49kg(推定)※Bカップ

・スポンサー 牛乳石鹸共進社株式会社

フリークライマーの準備運動って!?野口啓代さんの柔軟性って凄いの!?

体中の可動領域を拡げるために全ての筋力の伝導をさせる柔軟です。

手と足しか使わないように思えるクライミングですが、あとから出てくるさまざまなムーブ(動き)をするには体のあらゆる部分を使います。

当然、柔軟性は重要なファクター。登る前のストレッチは必須です。ストレッチにはウォームアップの第一段階という役目もあります。注意する点といえば、痛みを伴わないこと。息を止めないことです。無理をして痛いほど動かしたりすると、筋肉は逆に硬くなってしまいます。

息を止めて行なうと血圧が上がりますし、筋肉もほぐれず、むしろ“力む形に”なります。必ず!リラックスして行なうことだそうです。初心者の方には、お風呂上がりなど、リラックスした状態の際に行う事が良いそうです。

ご覧の様の、野口啓代さんは、天性の柔軟性がある様です。

ボルタリングって!?どういうものなの!?

 

ボルダリングは英語で“bouldering”と書きます。つまり!boulder(ボルダー)を登る行為を示します。“boulder”を調べると「巨岩」とあります

巨岩と言ってもピン!と来ませんが、3~5M位の自然にそびえ立つ岩を言うそうです。その岩を登る行為をボルダリングと言います。

 

フリークライミングとは自分の手足にだけ頼って登る事を指します。

 

ここで言う、ボルダリングとは、ロープを使わずに登って落ちても致命傷にならない程度の高さの岩をフリークライミングで行う、ロッククライミングです。

野口啓代さんってどんな家庭で育ち、どんな経歴なの!?

美しいフリークライマー!野口啓代さんの誕生は茨城県の牛舎から始まりました。

茨城県龍ケ崎市ののどかな風景が啓代さんが自由な発想で望むフリークライマーとしての技術を育みました

実家は牧場を営んでおり、啓代さんが中学校2年生の際に父が牛舎を改築して作った本格的なクライミングウォールに改装し、今も練習を積んでいるそうです。

日本一広いクライミングウオールとして地元でも話題になっています。海外遠征前には帰省して、小さい頃から練習していた牛舎で黙々と練習に励み、練習が終わる頃には、母が作った“牛肉コロッケ”を食べるのが楽しみにしていると言います。

ボルダリングに興味を持ったきっかけは、小学校5年生の夏に家族旅行で訪れたグアム島のゲームセンターでフリークライミングを体験。帰国後もクライミングへの興味を持ち続け、自宅近くのつくば市にオープンしたばかりのPUMPスポーレクライミングジムに通いはじめたそうです!

小学校から中学校に進学する期間の春休みに開催された全日本ユース選手権では中高生を押しのけて優勝し、当時、天才少女の出現と話題になったのが始まりです。

ボルダリングを正式に始めたのが2000年小学6年生の頃に、全日本ユース選手権で優勝してから、2018年の現在まで、100個の表彰を毎年17年間継続して受賞しており、現在29才と言う円熟した現在も国内及び海外のボルタリング大会等の遠征に出かけています。

まだまだこれからの実績が期待されています。

野口啓代さんの熱愛って!結婚の噂はあるの!?

この鍛えられた身体の魅力は今や世界中の男性の注目の的です

野口啓代さんですが、現在は独身ですが、年間の半分以上を海外で生活する忙しさです。国内に彼氏がいても、恋愛は難しいのではないかと思います。私の想像では、結婚するならば同じボルダリングの関係者!?ではないかと想像します。

日本国内では、まだまだ普及が浸透していないボルダリングですが、海外ではかなり浸透しており、野口啓代さんを支える関係者も多いと思います。

結婚しても出産を終えても十分継続出来るこのスポーツですから、自分の子供にも教育できる環境で結婚したい!と考えるはずです。今後のゴシップ情報も乞うご期待!といったところです。成果を期待しています!