鈴木智恵 気象予報士は元アナウンサー?結婚相手や現在の活動は?

今日の綺麗な気象予報士は一本筋の熱意と、気象予報士を通して社会貢献をしている女子アナです。

東北地方で生まれ育った彼女は大学卒業後、民間企業に勤めていましたが、FM放送のラジオパーソナリティーに転職します。FMラジオの仕事をしながら空を見上げているうちに、気象予報士の資格を取る決意をしたそうです。10年以上アナウンサー及び気象予報士としての基礎を磨き、FM放送局を退職後は『天気予報』に人生を捧げる活動をしています。

趣味は、空を見上げて写真撮影。彼女は天災と防災を同時に考えて行くことを提言しています。気象予報士を目指す人には必見の女子アナ!

今回は気象予報士の鈴木智恵アナウンサーを紹介します。

スポンサーリンク

鈴木智恵(すずき ちえ)さんプロフィール

http://nhk-jyoshi.club/archives/38031

・生年月日 1968年11月30日

・年齢   49歳

・出身地  岩手県盛岡市

・血液型  B型

・出身高校 非公開

・最終学歴 宮城学院女子大学

・身長   非公開

・体重   非公開

・所属

1990年4月   民間企業就職

1995年4月 (株)エフエム岩手

2003年      気象予報士資格取得

2006年3月   同社退社

2006年4月 日本放送協会NHK仙台放送局

2007年3月 同社退局

2007年4月 東北放送(株)TBC

2010年5月 同社退社

2011年4月   東北福祉大学防災士養成講座特任講師

・ジャンル 天気予報

鈴木智恵さんってどんな女性!?現在どんな活動をしているの?

https://twitter.com/chie_suzuki11

岩手県盛岡市で育った智恵さんは、宮城県の大学を卒業御、一時仙台市内の民間企業に就職しています。大学時代によく聞いていたFMラジオのパーソナリティーに憧れていた智恵さんは(株)エフエム岩手に中途入社を果たします。智恵さんにとっては、この中途入社が人生の分岐点となっていると語っています。

ラジオ放送局の窓から見える外の風景、空を見ながらマイクに語りかける仕事に幸せを感じていたと言います。日々、空を見ながら仕事をしていると空の光景について勉強がしたくなったそうです。そして!仕事をしながら”気象予報士”の資格を独学で取得!

そして、天災による被害が出る放送をしているうちに、防災への心構えを勉強したくなり!”防災士”の資格を取得。そして、夏場の異常気象にて熱中症になる方が多い事を理由に”熱中症予防指導員”の資格も取得!地球の温暖化予防対策を考えるうちに勉強をしたくなり、”エコ診断士”の資格も取得!気象と健康は切っても切れない関係だとして、”健康気象アドバイザー”の資格も取得!次々と気象予報士として必要と思われる資格を取得し自身の心のどこかに気象予報士として独立する計画を持っていたかも知れません・・・。

色々な情報を提供する心構えや、考え方を伝える技術、人の命を守る技術を学んだ智恵さんは11年間務めた(株)エフエム岩手を退社し、日本気象協会やウェザーニューズで気象予報士として本格的な活動をし始めます。現在では、小・中学校などでの天気教室や、市町村などでの講演も行なっている傍ら、東北福祉大学 防災士研修講座 特任講師としてメインの活動をされています・・・・。

ラジオ専門の女子アナを目指していた女性が、人生の活路を見いだしたパターンですが!とても良い方向へ生き甲斐を見つけた鈴木智恵さんです!

鈴木智恵さんは結婚しているの!?

https://www.koushihaken.com/member/1593/

現在49才の鈴木智恵さんですが・・・、結婚しているのか?独身なのか?情報はありませんでした。結婚されていて、幸せな家庭を持っている方!と個人的には思いたいです。仕事に関しては今後の社会貢献度に期待したいと思います。

鈴木智恵さん頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク