メルカリ創業者で爽やかなイケメン山田進太朗の経歴と今後

https://www.mercari.com/jp/wp-content/uploads/2013/07/mercari_mark-200×300.png

スポンサーリンク

爽やかイケメン山田進太朗の経歴

→1977年に愛知県で生まれました。早稲田大学に在学中にインターンとして、「楽天オークション」の立ち上げに参加しました。卒業後、フリーでインターネットビジネスの仕事をしながら経験を積み、2004年に一人でアメリカに行きました。2005年に帰国して、株式会社ウノウを設立しました。

2010年にウノウをZyngaに売却し、2012年にZynga Japanを退社。2013年2月にメルカリを創業しました。

https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2014/07/140722mercari02.jpg

学生時代のイケメンメルカリ社長山田進太郎

→山田進太郎の学生時代って気になりますよね。どのように活動していたのか見ていきたいと思います。10代のころは、家庭教師のアルバイトをしていたそうです。その後はコンビニのバイトも経験しています。しかし当時は社会の仕組みを理解できていなかったため。時給重視していたそうです。

仕事はお金を稼ぐ手段だと思っていた山田進太郎の仕事観が大きく変わったきっかけになったのは大学3年の時に行ったインターンだったそうです。

・メルカリの行っている事業について

→メルカリはそもそもどのようなものなのかわからない人もいると思いますので、説明します。

メルカリはスマートフォン向けのフリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運営を行っています。

スマートフォンのカメラを使って2~3分程度で簡単に出品できるシステムです。さらに、購入したい商品を見つけたらすぐに購入もできます。基本的には、オークションのように個人間取引となりますが、購入する側からしたら、支払い方法がクレジットカード・コンビニ決済などの決済機能を備えているので、とても手軽に買い物ができます。また、購入者が商品を受け取り、お互いが評価をした後に出品者に支払いが行われるのも評価が高い理由の一つです。トラブルが起こりにくい仕組みになっているそうです。

今後のメルカリ

→最終的な目標は世界中の老若男女に使ってもらえるようにしたいそうです。今は比率で言うと女性ユーザーが少し多いみたいです。最近は、エレクトロニクス系のものが増えてきて男性にも徐々に浸透しています。最終的には、世界中の誰もがメルカリを使い、車でも家でもなんでもメルカリでトレードできる感じを目指しているそうです。今後のメルカリのミッションとしては、「新たな価値を生み出す世界的なマーケットプライスを創る」を掲げているそうです。

iPhone版のアプリのデザインを最近リニューアルしたそうですが、これまでのバージョンと比較してみると、女性向けから少しナチュラルなデザインに変更しています。徐々に誰でも違和感なく使えるようなデザインに変えていくそうです。

https://www.growingcompany.jp/article/interview/mercari_yamada02/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする