菅井貴子 気象予報士の結婚相手や子供・年齢の噂は?

女子アナを色々紹介させて頂いていますが、世間の女子アナは、入社、入局してからも自己啓発や知識向上するための勉強はどれくらいしているのでしょうか?

今回ご紹介する気象予報士は神奈川県出身。都内の優秀な六大学の理工学部を卒業した『リケジョ!』です。女性の気象予報士の有資格者にはリケジョが多い様な気もしますね。

大学卒業後、一時フリーキャスターとして一般女子アナで通し、その後気象予報士の資格を取得してから、地元神奈川県から遠く離れた北海道への永住を希望し移住。そして現在のテレ局に中途入社してから気象予報士として活躍中です。そして、仕事をしながら大学院に通い『修士』を取得!

気象予報士は常に勉強が必要な職務である事がわかります。ではご紹介致しましょう!

今回は気象予報士の菅井貴子アナウンサーを紹介します。

スポンサーリンク

菅井貴子(すがい たかこ)さんプロフィール

http://nantokashinakya.jp/

・生年月日 1973年–月–日

・年齢   44歳

・出身地  神奈川県

・血液型  O型

・出身高校 非公開

・最終学歴 明治大学理工学部数学科

・身長   非公開

・体重   非公開

・所属

1999年「ジャストミート数学」(NHK教育番組)

2000年 気象予報士資格取得

2001年 J-COM 「ウィークエンド・ナビ」

2002年 BAY-FM「東京ベイモーニング」

2003年 ウェザーニューズ「全国の天気」

2004年 長崎国際テレビ「ニュースプラス1」

テレビ九州「九州経済ナビ」

テレビ愛媛「お天気ゴコロ」

熊本県民テレビ「空のごきげん」

J‐WAVE、FM横浜、FMフジ、山口放送、山梨放送等、ラジオ出演多数

2005年 北海道に移住

NHK「おはよう北海道」「ほっからんど北海道」

2008年 NHK「北の大地からの発信」

・ジャンル キャスター・気象予報

菅井貴子さんって!大学院で修士とってどんな勉強していたの!?

2013年北海道大学大学院で社会人大学院生として2年間頑張りました!

卒業時に修士卒業証書を手に記念撮影

左:恩師の医学博士 大塚吉則先生 右:気象予報士 菅井貴子さん

http://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/like_hokudai/contents/article/514/

菅井貴子さんは、気象予報を色々な観点に照らし合わせて影響を考えて勉強しています。所有する資格は、防災士、FP(ファイナンシャルプランナー1級)等も持っています。

本業以外にも、天気予報の裏側等を勉強して新聞紙へのコラムや、本の執筆も多く、天気予報で影響が出る、環境や、産業に係わる本が書かれています。持っている経歴と資格を全て掛けあわせて気象予報をわかりやすく若い方にもわかりやすく記述しています。

貴子さん曰く、天気は地球の  「言葉」、異常気象は、地球の「悲鳴」かもしれません・・・。と、言います。

菅井貴子さんは2012 年北海道大学大学院において、研究論文「気候多様性に基づいた北海道における地域活性化」にて修士取得を致しました。今後も、本業や本の執筆活動や、NPO法人ウェザーニューズ社による、「菅井貴子さんの気象学講座」(無料)等が年に数回予定されている様です。

今後も、菅井貴子気象予報士としての活躍から目が離せないと思いました。

菅井貴子さんは結婚しているの!?お子さんは!?

http://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/like_hokudai/contents/article/151/

菅井貴子さんのBlog内には、結婚しました!と言う、冒頭の記載で驚く内容がありました。ご友人の結婚式に招待され楽しかった思い出が記述されています。

よって、現在も貴子さんは独身である事が伺えます。

気象予報に人生を全て注ぐ事も書いてあり、仕事への熱心さが伝わって来ました。年々、異常気象が多くなっているため、気象予報士としても災害等で人の命を守る!気象予報をしていきたい!と言う使命に変わって来ているようです。

私達も、少しずつ天気予報について勉強する必要があると思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク