地方の女子アナがかわいい!斉藤花奈アナの出身大学や現在の活動など

地方の女子アナを色々追い続けると色々な境遇の女子アナを見つけます。

テレビで見ていると、学歴も高く、華やかなイメージで、女性の憧れの職業である事は一目瞭然です。でも・・・、中には契約社員アナで日本中を転々とする委託アナもいることを皆さんには知って頂きましょう!きっと、美しくて可愛くて、ちやほやされすぎて、転勤もなく、実家から通勤出来るテレビ局で活躍している地方アナとは、また一味も二味も違う女子アナだと思います!

日本放送協会NHK札幌のキャスターの経歴を持ち契約満了後、静岡県のテレビ局に契約社員として赴任して頑張っている女子アナです。どのような表情で活躍しているのでしょうか!?

今回は静岡放送(株)SBSの斉藤花奈アナウンサーを紹介します。

スポンサーリンク

斉藤花奈(さいとう かな)さんプロフィール

http://www.at-s.com/sbstv/program/iine/blogs/haruna/

・生年月日 —-年6月21日

・年齢   25才 ※Official Blogより抜粋

・出身地  北海道江別市

・血液型  非公開

・最終学歴 北海学園大学経営学部

・身長   非公開

・体重   非公開

・所属

日本放送協会NHK札幌

現・静岡放送(株)SBS

・ジャンル 現場リポーター・キャスター

・出演中  Soleいいね

・出身高校 非公開

・出身大学 北海学園大学経営学部 偏差値51

斉藤花奈さんの活躍を紹介します!

http://wish-magazine.com/Motivator/HarunaSaito/index2.html

斉藤花奈さんは大学1年生の時にバックパッカーで1人旅をした際に、世界中の貧しい子供達や人々を見て衝撃を受けたらしく、学生時代には少しでもそのような人々の事を知って欲しいと思ったそうです。大学時代に色々なイベントの主催をしており、『僕たちは世界を変えることができない』の原作者である葉田甲太さんを札幌に呼び映画化された、『それでも運命にイエスという』(←YouTube予告編)の上映会を主催し、300人の参加者を集めました。

斉藤花奈さんはこれをきっかけに”報道”や”情報”と言うキーワードに興味を持ち、マスコミ関係の仕事をしようと思ったようです。今でも、お金をかけずに旅行をしています発展途上国を自分の目で見て感じる事を大切にしているようです・・・。

『それでも運命にイエスという』

映画:カンボジアで苦しむエイズ患者を題材にしたドキュメンタリー映画です。

毎年1万人以上HIVに感染しているカンボジア。母子感染でHIVに感染し15才まで生きられない幼い幼女が、自分の親の治療費を稼ぐために好きでもない男と1回5ドルで性行為までしてお金を稼ぎ、寝たきりの親の面倒を収容所内で行う姿を色々な角度から撮影した衝撃の映像です・・・・。

日本放送協会NHK札幌時代の表情をご覧下さい

http://blog.livedoor.jp/ponmorisuke-nagideracchi/search?q=%E6%96%89%E8%97%A4%E8%8A%B1%E5%A5%88

真の”報道マン”としての生真面目さが感じます!

http://blog.livedoor.jp/ponmorisuke-nagideracchi/search?q=%E6%96%89%E8%97%A4%E8%8A%B1%E5%A5%88

目力でテレビに吸い込まれそうなオーラを持っています。自信を持って仕事をしている女性は『美しい』と思いませんか!?

斉藤花奈さんの彼氏!結婚の噂って!?

http://blog.livedoor.jp/ponmorisuke-nagideracchi/search?q=%E6%96%89%E8%97%A4%E8%8A%B1%E5%A5%88

花奈さんの経歴を調べていると、真の報道記者としての素質を持っていると感じます。日本放送協会NHKに入局出来なくとも、札幌時代にキャスターとして雇用された姿の裏には、そういう素質を見抜いたNHKの職員がいるのかも知れません。花奈さんは、元々地方のマスコミを希望していたらしく、北海道から静岡まで来たのは、不遇ではなく、必然だったかも知れません。

現在のところ、斉藤花奈さんの彼氏や結婚の噂などは一切ありません!

彼女の心の中には、仕事に対して一本筋の思いがあるように思います。

きっと、これからも仕事を一筋に考えて行くのではないでしょうか!

同じ女子アナでも、花奈さんの様なジャーナリストイズムを持った女子アナをこれからも私達は応援していきたいと思います!

斉藤花奈さん!いい番組作って下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする